ひろくたびろく ~日々の記録と旅記録~

主に写真で綴るブログです。ふらっと出かける旅も記録してます。最近は旅の記録がほとんどです・・

中国からキルギスへ緩衝地帯を行く

中国からキルギスへ国境越え。

と言っても世界のどの辺なの?

ということで地図を。

f:id:bakuchan:20181001101331j:image

中国から中央アジアにかけての全体図

f:id:bakuchan:20181001101348p:image

↑こちらは今回のルート

中国側の青い点あたりが

カシュガルでそこから西に

キルギスのサリタシュまで

移動しました

 

正直、陸路での国境越えは
好きではない。
色々面倒だから。
しかも、今回は移動距離が半端ない。

中国のカシュガルから

キルギスのサリタシュまで
ただひたすら、車で移動する
待たされる。歩かされる。


何百キロ移動したのだろう、、


丸一日のがかりの国境越え
つくづく中央アジアの陸路は

時間の許される旅人しか
通過できない土地だなと思います。
その雄大さが魅力なんですがね、、

イルケシュタム峠からの
中国〜キルギス国境越えの

その詳細については

たくさん情報がとびかっているので

あえて説明はしませんが
どういうところだったか
いつものように
写真で記録しておこうと思います。

 

f:id:bakuchan:20180930182804j:image

まずはカシュガルから

バスで行けるところまで行って、

国境のゲートまでは

歩いて行けと言われる。。


f:id:bakuchan:20180930182759j:image

するとこんな建物が見えてきた

 

f:id:bakuchan:20180930182642j:image

これが一応の中国側国境建物

実はこの先からキルギス側まで

百何十キロもの緩衝地帯が

続くのだ、、


f:id:bakuchan:20180930182635j:image

なんとDuty Freeが!

f:id:bakuchan:20180930183430j:image

お酒が少し売っていたくらいで

かなりの品薄

 

中国側の出国手続きで

パスポートは預けたまま

公安か軍の人が1人乗り込んできて

緩衝地帯を車で移動

f:id:bakuchan:20180930183837j:image

こんな砂漠みたいな地帯をひた走る。。
f:id:bakuchan:20180930183828j:image

イルケシュタム峠
f:id:bakuchan:20180930183832j:image

国境はお昼休憩で閉鎖され足止め

f:id:bakuchan:20180930184057j:image

この先がもうキルギス!?
f:id:bakuchan:20180930184052j:image

よーく見ると有刺鉄線がすごい、、

張り巡らされている

こんな場所で誰も不法入国なんて

しないよーと思うのだが、、
f:id:bakuchan:20180930184045j:image

車はここまで、と決まっているらしく

キルギス側まで、歩かされた
f:id:bakuchan:20180930184039j:image

スペイン人旅行者たちと一緒に歩く

道がカーブしていて先が見えなかった

旅は道連れということで声をかけたら

スペイン語話せるの?と感動された。

っていうか、私もこんな場所で

スペイン語話すとは思わなかったよ、、

 

 

f:id:bakuchan:20180930184507j:image

キルギスに入った

すごく簡素な国境ゲート

f:id:bakuchan:20180930184502j:image
f:id:bakuchan:20180930184457j:image

学校返りの子供たちと遭遇

 

f:id:bakuchan:20181001100048j:image

雪に覆われた山とモスク

 

っていうか、ここは標高何メートルなの

だろうか?!