ひろくたびろく ~日々の記録と旅記録~

主に写真で綴るブログです。ふらっと出かける旅も記録してます。最近は旅の記録がほとんどです・・

ウイトラコチェ

なんだか舌を噛みそう名前ですが、トウモロコシの黒穂病にかかった部分をそう呼ぶそうです。普通はこれを捨ててしまうそうですがメヒコではこれを食べちゃうんですね!なんでも栄養があって不老長寿の食べ物として珍重されてるのだとか。そういうエピソードがメヒコらしいです!しかも、トウモロコシのとれる時期しか食べられないそうで、今日はメルカドでこれを使ったケサディージャを食べました。
「Huitlacoche」見た目は??ちょっとよくないです・・・

味やニオイがきついわけでもなく、トウモロコシなので噛みごたえはあります。
こちらは「Quelites」ケリーテス。ほうれん草みたいな葉っぱを挟んだケサディージャ。

そもそもケサデージャとはこんな形。(上の写真はカットしてあります)

大きめのトルティージャを焼いて半分にして具を挟んだもの。このトルティージャは緑のような黒っぽい色をしています。トウモロコシの違いだそうです。

ケサディージャは中身が実に様々で、お肉を食べたくないときにちょうどいい感じがします。カボチャの花とか、野菜を挟んだものもがあるので、タコスより軽めです
今日はノパール(サボテン)も挟んで食べました。