ひろくたびろく ~日々の記録と旅記録~

主に写真で綴るブログです。ふらっと出かける旅も記録してます。最近は旅の記録がほとんどです・・

Villa de Leyva ビジャ デ レイバまで乗り継ぎの1日

Bucaramangaブッカラマンガからバスに乗って6時間Barbosaバルボサで下車。ここでTunjaトゥンハ行きに乗り換えだと言われてたけれど、とってもローカルな町ですごいところで下ろされたなあと・・・
馬車走ってるし・・・・

30分でくるよ!と調子よく言われたものの、やっぱり1時間半ちかくバス停で待ちぼうけ。ここを通るボゴタ行きのバスはどうやら、トゥンハを通るバスと通らないのがあるらしく、通らないバスに乗ったため乗り換えになったようだった。ここからトゥンハは1時間半くらいで着いてしまった。この時点で18時半過ぎだったけど、一気にビジャデレイバまで行ってしまえ!の勢いでコレクティーボに乗ったら思いっきり地元の人に囲まれ、ものすごい視線が飛んできた。子供はとくに興味津々でこちらを見てる。ここでも初老のおじさまに日本語のあいさつで声をかけられたけど、コロンビアで驚いたのは片言の日本語を知っている人が多いということ。40分くらいでビジャデレイバ到着。今日も朝の9時半からずっと移動の1日でした。

ビジャデレイバの橋を渡ると、女性が近づいてきて、いい宿があるからついてこい、と、半ば強引に連れていかれたけど、宿の下調べもなんにもしていなかったのでこれも縁かなと連れて行ってもらったら、これがとってもステキな宿でした!!
CASA入り口

中庭が広々しています、キャンプも出来るそうです

看板犬の「ニーノ」

通路

キッチンも趣があります

古いお屋敷を宿にしたらしく、居間には骨董品の数々

宿というよりは、まるでふつうの家、家主の女主人が一人で管理しているようで、丁寧にお庭の木々も説明してくれました。