読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろくたびろく ~日々の記録と旅記録~

主に写真で綴るブログです。ふらっと出かける旅も記録してます。最近は旅の記録がほとんどです・・

カリ~マニサレス移動とマニサレスの地理

バスで5時間くらいということで10時過ぎのバスを目指してバスターミナルへ。calle15からタクシーで4000ペソ。ターミナルの2階が切符売り場「TRANSATREJOS LTDA」という会社のバスでマニサレスまで35000ペソ。バスというより15人乗りくらいの車でした。もちろんそんな小型車なんでトイレはついてません。でも車はきれいでした。助手席に運転手と3人並んで座わらされ、これって、ホントに普通の車状態(笑)定員がいっぱいになったら出発という具合で、10:40に出発。
道は普通で、快適に飛ばしてました。山道でもないし、ボコタ~カリ間より断然楽ちん。ペレイラまで3時間くらいで到着。ちょっと休憩を挟んで一気にマニサレスまで、と思ったら、途中お客を拾って座席を埋めながら進んで行くのはどこのバスも一緒で、これがなかったらもっと早いのにな、、と思うけど、運転手と助手と値段交渉して乗ってるみたいだから、彼らのポケットマネーになるんだろうな。マニサレスには15:50着。
まずは、到着した場所から切符売り場方面ま歩くと、ツーリストインフォメーションがあって、地図がもらえます、それから宿情報も入手できるし、上まので交通手段も教えてくれます。

で、バスターミナルのすぐ近くからケーブルカーが出ていて、1400ペソで乗車できます。しかし、目的地の宿がどこなのか、よく考えて乗らないと上に行ってからまたタクシーかバスに乗る羽目になります。というのも、マニサレスは山の尾根に沿って細長~く、地図を見ればわかりますが、ざっと東西に栄えている街なので、ケーブルカーの到着する場所は西側セントロですが、ホスタルが集まっている場所はその反対の東側でかなり離れています。それをインフォメーションのお姉さんに教えてもらったので目指す宿を決めてタクシーで行くことにしました。それだって4500ペソで済みました。ちなみに、バスは一律1400ペソです。なので1人でなければタクシーで決まりです!
そんなこんなでようやく、尾根づたいの街、標高2150メートルの「マニサレス」に到着です。とにかく、この街の環境というか、どういう状態の場所に街があるのか?ぜひ見てもらいたいそんなある意味隠れた絶景の街「マニサレス」です!!ロンリープラネットにもたった2ページくらいで、地図は載ってないし、扱いがヒドすぎます。。。地球の歩き方見てないのですがマニサレス載ってるのでしょうか???