ひろくたびろく ~日々の記録と旅記録~

主に写真で綴るブログです。ふらっと出かける旅も記録してます。最近は旅の記録がほとんどです・・

② 飛べ!CUBANA!

待ちに待ったキューバへのフライト!!旅人の間では、キューバへ行くというと「CUBANA航空のソ連製(作られた当時はソ連だったんだね)の年代物の飛行機は、出発する時に足下から白い煙が出るんだよ」とか・・そんな奇妙な噂話を聞かされて驚かされます。
で、実際ですが、白い煙は出ません。そのかわり頭上の荷物入れのあたりにある空調?から水蒸気?みたいなのがシュッワシュワ〜と吹き出ていましたが・・・これのことかな?ま、どうでもいいんだけど。
さて、それより面白かったのが、CUBANA航空の飛行機に搭乗する時のことでした、バスで機体のそばまで行って、タラップで上って行くよくある光景ですが、普通なら乗客もそんな場面を写真なんて撮らないでしょうが、このCUBANA航空の搭乗の時は違いました!乗客によっては、CUBANAと書かれた機体と一緒に記念写真を撮ってましたし、乗り込むとき、その場の空気がキューバ上陸に対するわくわく感とでもいうのか?そんなムードに包まれていました。しかし、冷静に辺りを見回すと、もちろんキューバ人の方も大勢いるわけで、もの珍しそうにCUBANA航空の飛行機を前にきゃっきゃとはしゃいでいる我らを前に、ちょっと困惑した表情を浮かべてる方もいました。私たちがキューバに対して特別視しすぎているなと、ちょっと反省・・・なのでした

飛行機の写真


アエロメヒコの飛行機はピッカピカ、CUBANAはと言うと・・・

全体像だとわからないので分割してアップで撮ってみました



白い機体もちょっとくすんでます。年代物なのね・・・


操縦席の窓がこんな感じ!!



搭乗の様子


15:40に搭乗して16:20にようやく離陸したと思ったら、すぐにドリンクサービスで「RUM COKE」をきゅっと1杯。ビールはなくてもRUMがあるのはさすがキューバです。しかし、くつろいでる暇もなく17:10には離陸。フライトは1時間もありません。

カンクンを飛び立ってすぐに、ホテルゾーンの海岸線が見えてきます
海もとっても青いから空と海が一体化したように見えます!

あっという間に雲の中に・・・

いよいよキューバの上空です!

RUMCOKEを飲んでいると、もうキューバです!!
奥の方に見えるのが海!!

窓からはハバナの街並が見えてきます。全体的にくすんだというか、決してきれいとは言えない、屋根、屋根・・・ぱっとした感じではなく、時が止まったようなそんな場所に見えました。これがハバナの第一印象でした。


こんな素敵な夕暮れがお出迎え!!ハバナです