ひろくたびろく ~日々の記録と旅記録~

主に写真で綴るブログです。ふらっと出かける旅も記録してます。最近は旅の記録がほとんどです・・

メキシコといえば遺跡〜Chichen Itza~

カンクン足止め2日目。こんなステキなカンクンにいることを足止めと言っていいのかどうかわからないけど、予定では3日くらいでキューバに向かうはずだったので、先がある身にとっては、進めないのは足止めということになる。
チチェンイッツアー(←日本語表記が無難しいなぁ)を見に日帰りでいく。本当なら、キュ−バから帰ってきて遺跡を見てそのままメリダあたりに移動する予定だったのに、この足止め状況に、カンクンにから日帰りという日程に。ADOのバスで3時間あまりの移動。
写真は入り口からまずはお出迎えしてくれるエル カスティージョ、チチェンのメインのピラミッドです。四方に階段があって、美しく、お行儀よく、そびえ立っている感じ。でも、案外実物は小さいですよ。

エルカスティージョはそれ全体でマヤ暦を表しています。四方の階段は91段ずつあってそれに頂上の1段を加えると1年365日になる!



Juego de pelota 奥が「球戯場」になっていて、手前の三つ穴が開いているのが「ジャガーの神殿」です。

El Tzompantli 「ツォンパントリ 」頭蓋骨の城という意味。生け贄の骸骨を大衆にさらす場所だったそうです。壁の模様がすべて骸骨です。


Casa de las Monjas 「尼僧院」 雨神様のチャックが装飾された建物、全体的に装飾が細かいです

Thousand Column Group「千本柱の間」


実は、チチェンイッツアーに行く日に宿にカメラを忘れてしまい、予備で持っていた、壊れたカメラで撮影したら、なんだか色がおかしい?!気がします。こうして見ると写真の色が薄いですよね。そのカメラもう10年以上使って何度もぶつけたり落としたりして、とうとう電池やSDカードを入れる口の部分が破損して閉まらなくなってしまったのです。でも、その入り口をガムテープでとめると使えるので予備で使ってます。今回チチェンで大活躍なカメラでした!


それから、これは後で知ったことですが、まず日本じゃツアーに参加するより自力で行った方が安いというのが普通です。しかし、ここメキシコではなぜかツアーのほうが安かったりするそうです。知らなかったのでバスのチケットだけ予約して行きましたが、ツアーに参加するとセノーテ(石灰岩質の土壌に地下水がたまって出来たとてもきれいな湖)にもよってくれたり、食事もついていたりとお得みたいです。。。