ひろくたびろく ~日々の記録と旅記録~

主に写真で綴るブログです。ふらっと出かける旅も記録してます。最近は旅の記録がほとんどです・・

北京:食べ物あれこれ〜潘家園〜

中国はなんでもおいしい!

香辛料や味付けが濃くて、全般に辛い!だろうと
勝手に想像していたけれど、ちっともそんなことないし
むしろ薄味で、出汁がよくきいている繊細な味付けだったりする

毎朝食べていた「包子」(バオズ)

肉まんを小さくしたようなもので、日本のより軽くてぱくぱく食べられます

ビールのお供にキュウリの和え物

赤い唐辛子がいくつも入っていますが、辛くない味付けなのです

ラーメン?に見えますが

麺は太くて、どちらかというと「うどん」に近い食感。
「肉面」(中国では麺は面と表記します)


中国の唐辛子は辛さを全面に出すより、うま味を出すものなのかなと
思いました。

唐辛子の辛みではなく、口に残るのは山椒です!


煎り立ての甘栗を食べました!
新鮮でとにかくおいしい!!


意外かもしれませんが、中国にはワインもあります。

潘家園

北京観光最終日。「潘家園」というとても大きな市へ行きました

骨董品、アクセサリー用の石、大きなものは石像まで
ありとあらゆる物が大量に売られていて、とても数時間では
見て回れないほどのブースの多さ。

写真じゃそのスケールをなかなか表現できないけど、、、

天然石のコーナー

骨董品コーナー

巨大な観音像まで。。。だれが買うのだろう。。

鍵と錠を買った骨董品屋のおじさま

最初かなりの値段から始まって、値切ってみましたが
言い値の半分にもなりませんでしたが
我が家の世界の鍵コレクションに仲間入り。