読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろくたびろく ~日々の記録と旅記録~

主に写真で綴るブログです。ふらっと出かける旅も記録してます。最近は旅の記録がほとんどです・・

列車で出会った子供たち

昨夜は遅かったせいで6人が1部屋の寝台に 誰が寝ているのかよくわからなかったのですが 朝起きてみたら子供を連れた家族と一緒の部屋でした 写真とって~!の猛烈アピール

ホーチミン最終日と夜行列車

ホーチミン最後の観光は動物園 このゆるーい手書きの園内マップが この動物園の全てを物語ってました 期待を裏切ることなくゆるーい動物園これといって珍しい動物がいるわけでもないのですがなな、なんとこの写真の右下に 「since1864」 そうなんです。1…

バスで始まる夜行列車

てっきりホームに停車していた列車が 寝台車だと思っていたら 普通の座席タイプだった。 何か変だなと思いつつそろそろ乗り込もうと 切符を見せてもただ乗れという・・・ 言葉が通じず イラストを描いてくれた。 線路が途中で切れている絵だ 寸断?雨で? 連…

サイゴン駅

夜9時の出発なので、半日宿を借りて昼間は 観光していました。真っ暗闇のなかにサイゴン駅がありました 中国では駅のセキュリティーが非常に厳しく (荷物チェックでナイフ没収されました それまで検査でひっかからなかったのに。。) それに比べたらベトナ…

ホーチミン

郵便局 正面入り口 ベトナム人、普段からアオザイ着ているかと思ったら そうではない。こんな感じで接客業の女性が 制服代わりに着ていたりします 教会 ホーチミンさん 靴下ではありません。全てマスクです バイクに乗るときみんなマスクしています マスクも…

ホーチミン観光

フォー。ミントをちぎって入れるとおいしい市場の果物にひかれます マンゴスチンにランブータンが特においしかった交差点のカフェに入って外を眺めていたら ものすごい交通量なのでビックリ向こう側が見えなくなるくらいバイクが多い歩いているとこんな派手…

ホーチミン到着

カンボジアからベトナムへ国境越え 8時半のバスに乗って12:30過ぎには国境を越えた チケット15ドル 15時にはベトナムのホーチミンに到着。長旅の疲れはビールで癒す(笑

プノンペン

歩くと大変なので移動はトゥクトゥク ロシアンマーケットでみつけた ちょっと変わった置物たち 実は小物入れになっている 手前のをひとつ、鳥好きさんへのおみやげに購入 6ドルでした

プノンペン

市場がいちばん楽しいかも

タ・プローム

木々に埋もれた遺跡 映画の撮影に使えそうな感じ。自然の産物は素晴らしい

アンコールワット

こんな感じで 実はアンコールワット、間近で 平面上で見るとあまりぱっとしない よく写真でみる図は斜め上方向性から撮ったもので 立体的に見えるのだだからアンコールワットの全体像を見るのに 近くの原っぱから気球が上がっている 10分20ドルらしい。そん…

シェムリアップ

カンボジアへひとっ飛び! 久しぶりの飛行機移動嬉しい!(楽だから)エア・アジア着いたのはシェムリアップ アンコールワットを見るためです!

7バンコクは船での移動が快適

宿でのんびり過ごすのが好きなので 夜うるさい繁華街のど真ん中の宿は避けるようにしている バンコクと言えばカオサン通りが有名な繁華街で 若者がたくさん集まってくるとにかくごちゃごちゃした所だったしかも、最近はそういうところでの買い物も必要ない。…

バンコク国立博物館

レスターシティが!

バンコクの町中ですごい人だかりで みんな道路に向かって何かが来るのを待っている様子なんだかわからないけど取りあえず 待っていたら何やらバイクの集団が 近づいてきたんっ?えっ?レスターシティ?! いまいちどうしてタイのバンコクでレスターシティが …

スコータイ・2

スコータイ・1

スコータイの遺跡群とてもよかったので 写真をアップ

お寺巡り

ワット・チェーディー・ルアン 1411年に建てられ、地震で壊れるまで86mあった仏塔 半壊していても圧倒的迫力でした

ブッダの国

ブッダを型どったグッズは売らないで買わないで!と よびかけるポスターをよく見かけたチェンマイ いくつものお寺に足を運びましたが、タイの人たちが 熱心に拝んでいる姿をよく見かけましたお寺でよく見かけた 謎の?!お坊さんの置物。。。 ほかにもユニー…

チェンマイお買い物

Nice Apartment Hotelという本当にアパートのような作りの 宿に泊まりました。モン族の市場でお買い物びっしりと並べられた布の数々既製品の服もありますが 布地も装飾パーツも売られていて 手芸好きにはたまりません迷ったあげく やっぱり、既製品買いまし…

チェンラーイでお寺巡り

とにかく暑い。。 日向にいると軽く40度くらいあると思うワットプラシンハここの菩提樹がよかった ワット プラケオ

チェンラーイ

移動しました、チェンラーイへ。金色にゴージャスに輝く時計塔が町の目印 のんびりした町です 市場

メコン川をのぼること2日目

今日ものんびり船旅 船の中はこんな感じでまったり。。。。 岸辺の風景 今日は9時間あまりで到着急いで上陸し国境を目指す 船が一緒だったツーリスト10人と一緒に行動し 団体だと強気の行動 乗り物も宿も交渉してどんどん安くなるタイのチェンコーン泊

メコン川をのぼる

川の船旅をするのは もう18年くらいまえの アマゾン川以来だなぁ・・と ちょっと懐かしさがこみ上げてきました 船着き場 地元の船が行く 岸にはバッファロー 水浴びして遊ぶ子供たちもたくさんいた と、こんな感じであとは変わらぬ風景 ただぼ〜っと眺めるだ…

朝の托鉢

朝5時に起きて托鉢の様子を見てきました

ルアンパバーン

久しぶりにサンドイッチを食べたビアラーオ 中国は薄いビールしかなくて物足りなかったけど ラオスのビールは美味しい!

ウドムサイ〜ルアンパバーン

7時間かけてルアンパバーンへ あまりにも暑いのでバスは途中停車して エンジン冷やしてました景色はのどか バスまちしているお坊さんたち ルアンパバーンのゲート 宿はメコン川のそば

景洪〜ラオス

朝7時半からバス移動 今日はいよいよ国境越え 6時間以上かけてバスごと国境越えてラオス入り今日はウドムサイで1泊 あ、、暑い・・・・

プーアル〜景洪

今日は短い移動 2時間ほどバスに揺られて景洪着そのまま明日乗るバスのターミナルに隣接する 宿で1泊中国では食器がこうやってパッキングされて出てくることもある (表示を見たら高温で消毒済みと書いてある) ミントがふんだんに使われたサラダ でも、かな…

プーアルで買い物

プーアル2日目プーアルにいるのだから プーアル茶を買いに ちょっと奮発して買いました♪それから、中国で大きな買い物しなかったので 民族衣装っぽい服を購入アクセサリーも

昆明〜プーアル

昆明からバスで約5時間でプーアルに到着 プーアルはすぐに宿が決まった!お茶どころだけあって、部屋には素敵な茶器セットが しかも、オフシーズンだからか表示価格の半値以下!この広さ!

盤県〜曲靖〜宣良〜昆明

今日は10時間のバス移動 ちょっとルートの選択間違えてかなりの 遠回り?!移動の1日で写真も撮らず夜到着した昆明でまたもや宿が見つからず

貴陽〜盤県 

今日からバス移動で盤県へここは、干した肉が有名らしい 鍋を食べた これがおいしいのなんの 中国では色々鍋を食べたけどどれも味わい深かった

貴陽へ寝台車で

最後の寝台列車移動でした。昨日20時頃出発 翌朝6時くらいに貴陽に到着しかし、宿が見つからなかった。 中国では外国人が泊まれる宿を探すのが一苦労。 ある一定の基準を満たしてないと外国人を泊めちゃいけないらしいのだが その判断基準が明確じゃないので…

重慶博物館

中国の博物館の展示内容の充実ぶりはすばらしい!! ぜひ、ゆっくり見て回りたいものです。 中国各地の民族衣装や装飾品が沢山展示されていました

重慶19階の宿

宿の部屋の窓から見た景色 高層マンションだらけ この宿もマンションの中にある

パンダ・パンダ・パンダ・!

重慶動物園へ行きました どこの動物園にもとにかくパンダだけは たくさんいました 子供パンダがとてもかわいい 大人パンダと違ってひとりで遊び回っている

成都〜重慶へ

昼間の普通座席のチケットだったので 座席の番号も書いてなく てっきり席は自由だと思っていたら 車内に入ってみると周りの様子がどうも変 みんなキョロキョロ、チケットを見ながら座席を探してる。どういうこと?!!! 座席のない状態。。 このまま5時間近…

お茶

川沿いのカフェならぬお茶屋さんにて お茶を飲む花茶はグラスで、底の方に氷砂糖が入っていました ほんのり甘く、菊の花がいい香り 時間がたつと花がどんどん開いていくのがキレイで目でも楽しめるお茶です 中国のお茶文化はとても身近なもの ペットボトルの…

黄龍渓古鎮

中国人のレジャースポット「古鎮」 古い建物が残っている街並みを生かした観光地です 飲食店やお土産屋さんなどで埋め尽くされ そこをぶらぶら買い物したり飲食したりして 過ごすようだ。 お花の冠。観光地に行くとこのお花の冠が売られていて 女性がよく被…

パンダ郵便局

全てがパンダな郵便局 これには参りました あまりにもカワイすぎて ポストもパンダ ハガキもパンダ 日本に出しました

四川の麻婆豆腐

成都は四川省です 四川と言えば、山椒のきいた舌が痺れるような料理! その中でも大好きな 麻婆豆腐にチャレンジ 麻婆なす

成都へ

夜行電車で移動のため宿に荷物を預けて時間をつぶす歩いていてふと目にした 西安美術博物館に入ってみたら これが当たりだった!李永平中国画展とてもダイナミックな作風で圧倒されました素手に墨をつけて描くこともあるそうですちなみにこの美術館は入場無料

西安〜成都 夜行列車

駅の電光掲示西安〜成都 車両の表示3段ベッドの一番上でした。のぼるの大変!

碑林博物館

石に彫られた字の数々 気の遠くなるような字数です・・ よくこんなに彫ったものです

西安歴史博物館に大雁塔

中国はインターネットの接続に規制があって 思うようにつながらないので ブログのアップもスムーズにいきません・・・ 色々展示物はあったけど、やっぱり金はみんなの注目の的大雁塔異様なくらいに高くて、でも何で出来ているんだろうと思ったら レンガみた…

兵馬俑博物館

西安でのメイン観光はここ、兵馬俑博物館です始皇帝の墓を守る陪葬物として作られた 等身大の兵士や馬の陶製の像の数々が展示されているという その等身大であるということに興味をそそられ見に行きました。どのくらいインパクトあるのだろうか。。。。まず…

西安で5泊

平遥から西安行きのチケットを買おうとしたら 早い時間帯を買うことが出来ず、 半日待たされたので、西安駅に着いたらまずは この先の成都までのチケットを買うことにした。 なのに、、、3日先のチケットももう入手出来ず。。 空席があるのは5日先だという。…

平遥古城

鉄道駅降りて、バスに乗って、古城の外で下車して さらに城内まで歩く。。。。一見、そんなの普通でしょ、と思うこの一連の動き でも、中国ではひとつひとつの移動距離が半端なく遠く とにかく歩かされます。今日は宿の風景から。。老夫婦が経営する、とても…

平遥街並み

床屋さんの立て看板 古城外の屋台のおじさんの手さばきが見事だった