ひろくたびろく ~日々の記録と旅記録~

主に写真で綴るブログです。ふらっと出かける旅も記録してます。最近は旅の記録がほとんどです・・

ホーローグ⑥

6泊したパミールロッジ 現在も広さは充分なんだけど まだまだ増築中でした 泊まった部屋 通路 停電するし 部屋のバスルームは 排水詰まって逆流するし まあ色々あったけどね いよいよ明日、ドゥシャンベへ向けて 出発です

ホーローグ⑤

タジキスタンのお金 通貨単位はソモニ この時期1ソモニ=13円くらいだった りんご4個で3ソモニ ビールの小瓶が2本で18ソモニ

ホーローグ④

滞在4日目 市場へ買い出し 野菜を買ってスープを作った。 野菜や果物が素朴な感じがする

ホーローグ③

ハローと声をかけてきてくれる 気さくな子供達 女の子は髪に大きな白いリボンを 着けるのも決まりみたい 町へ行く途中で出会った子供達に 風船をあげた。 パミールロッジの子供達 サッカーはみんな好き

ホーローグ②

パミールロッジはちょっと 不便な場所にあって 買い物もしにくいので 朝食をつけてもらった。 外で食べる朝ごはんは気持ちいい。 黒猫はいつもおこぼれを狙って やってくる 町へ下りていくと こんな景色 川の水がすごくキレイ

ムルガブからホーローグへ移動

標高は高くて寒いし 早く標高2000mの ホーローグへ移動したくて 今日も9時間車に揺られて大移動。。 中央アジアは移動に時間を費やす旅です 道中の景色は荒々しく こんな感じです あんまり美味しくないビール、、

タジキスタンのムルガブへ

キルギスではサリタシュに 滞在しただけで、タジキスタンに移動。 ここから430キロの大移動でムルガブへ なんと9人乗り込んで ぎゅうぎゅう詰めで出発。 なんにもない荒野と 雪山のコントラストが なんとも極端すぎる、、 絶景というか、過酷な環境。。 幾重…

サリタシュ②

寒い、とにかく寒い〜!サリタシュ 標高約3200m 泊まった宿はこんな感じで 私はソファに寝かされた 4人部屋 全体的に鮮やかな色彩は 私は好きだ。 リビング クッションが鮮やか 一歩外に出ても何にもない。。 やっと英語表記の案内があった でも、町がちいさ…

中国からキルギスへ緩衝地帯を行く

中国からキルギスへ国境越え。 と言っても世界のどの辺なの? ということで地図を。 中国から中央アジアにかけての全体図 ↑こちらは今回のルート 中国側の青い点あたりが カシュガルでそこから西に キルギスのサリタシュまで 移動しました 正直、陸路での国…

喀什 カシュガル③

今日も街を散策 アンティークショップが 並ぶ通りに出た この肉詰めパンが美味しい! 出来立てアツアツ 夜はミートパイとお茶 桃は平べったいユニークな形

喀什 カシュガル②

カシュガル2日目 バザールへ行きました 布が鮮やか そうなると服もこんな感じ スパイス屋さん 昼ごはんはカレーのような煮込み 夜はラグマン

喀什 カシュガル①

とうとう中国最後の都市です 新疆ウイグル自治区の最も西に 位置しているカシュガル。 旧市街の地図 古道具屋さん 屋台がたくさんある ザクロジュース スイカ パンは丸いのが特徴 大好きな焼き物屋さん発見 買って帰りたかった、、 道中長いので、木のスプー…

库车観光と喀什へ夜行列車の移動

喀什へは夜行での移動なので 昼間は観光で時間を潰す。 バスに乗って 库车王府へ 博物館も敷地内にありますが 展示物が少なく、建物も老朽化が 進んでいて 今はもう訪れるた人が少ないという 雰囲気でした 库车大寺 お昼 帰り道見かけたもの 20:44の夜行列車…

库尔勒から库车へ移動

库尔勒(コルラ)からバスに乗って4時間半ほどで库车(クチャ)に到着。 チケットは76元 日本人は漢字読めるから こういうバスの行き先表示も 理解できるけど 地方に行けば行くほど 英語表記はないです。 夜のごはん 涼麺(ひとつ頼んだつもりが 2皿出てきてしま…

吐魯蕃から庫尓勒へ

今日はコルラへ移動です 吐魯蕃駅 50.5元=870円くらい すでに駅の待合室も 人で溢れているのですが 乗車するのに入り口から 揉みくちゃでした 自分の席に中々たどり着けない、、 さらに車内は席は完売! 立って乗車している人も かなりの人数いました。

吐魯蕃②ミイラと対面

吐魯蕃博物館へ行きました。 ごく普通の博物館でしたが ひとつだけ印象に残ったコーナーが それは、ミイラ 何体も展示してありました しかも、腕だけで こんなディスプレー シュールですねぇ

哈密から吐魯蕃へ

今日は移動です 哈密→吐魯蕃 115元=約2000円 鉄道大好き人間としては このままずっと鉄道移動の旅三昧をして ヨーロッパまで行ってみたいですが そういうわけにも行きません、、、 中国の駅はどこも立派過ぎて (大き過ぎて)不便です。 なぜかというと、入り…

哈密にて石の腕輪探し

哈密2日目 今日は駅までチケットを買いに行きました。その帰り道、行きに目にした 露店ばかりの場所でバスを降りてみることに。 バスの番号は10番 下車した停留所の名前は「冷库」です 遠目では分からなかったけど 石の露店だらけでした トラックにはこんな…

張掖〜哈密

今日は鉄道移動です 235元=約4000円 4時間半以上乗車していました 車窓からの風景はこんな大地が ずーっと続く ここで意外な出来事、、 駅を出ようとしたら 公安が待ち構えている検問所があって 身分証を見せ通るのですが、外国人は 別室送りです。 時間に…

張掖で食す

実は、中国に入ってから 日に日に歯が痛くなり歯茎は腫れ 頬までコブのように腫れ上がりました。 噛むと激痛が頭にまで響くほどでした。 お腹は空いているのに 噛むと痛くて食べられないもどかしさ、 無理して食べても途中で 痛みに耐えられなくなって 投げ…

張掖 大佛寺

中国はお寺巡りが楽しいです その名の通り巨大な大仏殿の中に 34mくらいの釈迦仏が横たわって いるのですが撮影禁止なので 写真はありません この大仏殿がとにかく大きくて 写真に収まりません。。 重厚な構えの大仏殿 作りが立派です

西寧から張掖へ鉄道移動

中国の鉄道はスゴイ! 完全に管理されている 日本以上に、、! まず驚くべきは日本的感覚で 時間ギリギリに駅に来て 列車に飛び乗るなんてことは 到底不可能だということ。 まず、駅が広い! 改札通ってホームまでが 長い長い。。。 そして、 ホームに入るの…

西寧②冬虫夏草と塔爾寺

朝、高層マンションの一室の 宿の下が何やら賑わっていて (ちなみにどれくらい高層マンションかというとエレベーターのボタンが31階までありました!) 見に行ってみると 辺りで冬虫夏草の売買が行われていた。 その数がものすごい。 皆、台の上で真剣に冬虫…

西寧①

夏河からバスで西寧へ 朝の6時の便しかなく、早朝の出発でした。西寧まで4時間半で到着。79元。 東関清真大寺 約600年の歴史を持つ 青海省最大のイスラム教寺院

蘭州〜夏河 「拉卜楞寺」を訪ねて

夏河に立ち寄ることに決めたのは チベット仏教の寺院 「拉卜楞寺」ラプラン寺を 訪れるためでした 内部は撮影不可なので 建物の外観の写真だけですが、、 赤茶色というべきか? 独特の土色をした壁です マニ車 お寺に続く道は 沢山のお店で賑わっていました …

炳霊寺石窟(ピンリンスー)を訪ねる

蘭州から100キロほど離れた 峡谷にあり、アクセスが難しいために 盗掘、盗難を免れた仏像が たくさん残っている 石窟寺院を訪ねました。 バスやボートで 約4時間かかって目的地へ到着! こんな渓谷の間をボートに乗ること 50分。しかし、遠い、、、 道は整備…

黄河第一橋を渡る

珍しく有名観光スポットへ 中国のローカルバスは他の国に比べて 乗りこなしやすいと思います 1元という安さで移動できる優れもの! 黄河第一橋の中山橋 黄河にかかる橋では最も上流で 最初にかけられた橋のようです これが黄河! 中山橋。車は通れないので …

西安〜蘭州へ移動

中国で楽しみなのは鉄道! 今日は予め日本で座席を予約しておいた 西安〜蘭州間の移動です しかし、予約をしたからといって まだ安心出来ないのが中国です! 窓口で発券しないといけません。 中国で鉄道切符を窓口で購入するのは大変です とにかく、窓口はい…

炭酸キーパー

旅の持ち物も人それぞれ 皆に必要なくても私にとっては 日本にいても必須アイテムなのです その、今回新たに加わった旅グッズとは? 炭酸キーパー ああ、ホント、なくても困らない アイテムですが、、 こうやってペットボトルの口に 取り付けて使います 私は…

頑固な中国スタイル⁉︎

露店の市がある方へ 人の流れに任せて 入っていったものの すごい人でぎゅうぎゅう 車はみな自分の進みたい方向へと 突っ込んで 勝手に行くものだから 先は詰まって一向に進まないわ、 人々も我先にと押し合いへし合い まるでケンカしている状態 道路の左右…